ホリエモンの自伝?

配役こそ違うが「これはホリエモンの自伝か?」
っと思えるようなストーリー展開。

怪しいそうな金持ちのメンターが、いわば負け組いや勝負すらしていないゲーセンで時間をつぶすだけのフリーター青年にIT企業を起こさせる。
その青年はIT企業で成功し時代の寵児ともてはやされながら、球団買収を試みたり、テレビ局を買収してみたり、インサイダー取引で捕まってみたり・・・

これは・・・・
嘘かほんとかわからないがライブドア事件の裏側が分かってしまう!?




しかし、お金があれば女がついてくるって言うのはそういうことなのか・・・・
この部分が妙に納得した私であった。

この部分はだけは実話であってほしい!!

私も金持ちになるぞーっと思わせられた一冊です。



拝金

拝金

  • 作者: 堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2010/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




毎日、家でくすぶっているかたは、これを読んで決起してほしい。
そんな内容でした。
posted by ヒラパッパ at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タリーズコーヒーの物語

街を歩けばかならずと言うほど目に付く

外資系のコーヒーショップ

私も、コーヒーショップは個人的に大好きで、

いつもコーヒーショップでコーヒーを飲みながら

仕事をしています。

このなんとなく飲んでいる一杯のコーヒーには、

いろんなドラマがこめられています。

そんなドラマを知りたい方や、若くて情熱を持って起業を志す方に

お勧めの本は

すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫)

すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫)

  • 作者: 松田 公太
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 文庫



日本の銀行マンである松田 公太が、アメリカの出張中に飲んだ

一杯のコーヒーをきっかけに始まるドラマ


コーヒーに熱い情熱と人生を掛ける

ダリーズジャパンの創設者松田 公太氏の人間模様

人間 松田 公太 と言うものがわかる一冊です。


私は、現在、ドトール派なんですが

タリーズコーヒーも飲んでみたくなる一冊でした。
posted by ヒラパッパ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネー版の童話

数年前に、チーズはどこへ消えた?と言うなんかイソップのような

教訓を学べる物語が流行っていましたが。

こんなご時勢なので、このシリーズでお金に関するものが出た。

それが

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話

  • 作者: マネー・ヘッタ・チャン
  • 出版社/メーカー: 経済界
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



今回のは、8種類の物語、

とりあえずは、偽名を使っているけれど、どのことを言っているのか

すぐにわかります。

たとえば、「\天」これはあれのことですよねえ。

それとか、マインドマップ、速読、親指シフトや都内は

すべて自転車でいとうする女性で・・・・

これって勝○本とかで有名なあの人のことですよえ。


これらの裏のお話を物語になぞられて書かれています。


すごく薄い本で、読みやすいです。

お金に興味があるけど、本を読むのが嫌だという方にお勧めです。
posted by ヒラパッパ at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリック詐欺がわかる(クリックしたら、こうなった)

あなたのメールボックスにも

女性からあなたを50万円で買います!

逆援助交際しませんか?

などなど、明らかに胡散臭いメールが来てますよねえ。


こんなのにをクリックする人はいるのかなあ??

と、首をかしげてしまうくらい。

どう考えても詐欺の匂いが!!

それをわかった上で、実際これにクリックしてみた

勇者はいますか?

きっといないでしょう・・・・

そんな勇気はないが、クリックしてみたらどうなるのかを

知りたいと思いませんか?

ってのを体を張ってレポートしてくれた本は

クリックしたら、こうなった

クリックしたら、こうなった

  • 作者: 多田 文明
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 単行本




この本を読めばホント詐欺って技術の進歩と共にあるのだな

ネット占い詐欺、オークション詐欺なんてのは、

今から流行るのでは??

しかし、根本的な心理的な面は、ほとんど変化はありません。

あなたも、この本を読んで、詐欺の勉強するのもいいかも。

色々な側面がみれること間違いなしです。






posted by ヒラパッパ at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな社長さんもいるのか?

IT企業の社長さんと言えばどういうイメージを持ちますか?

頭が切れる!!

カリスマ性がある!!

イケ面!!

女の子にもてる!!

なんて

どちらかと言えば、もともとの能力が一般的に高く

小さい頃は、勉強ができませんでした!!なんて聞くけど

結局は、一流大学を出ていて

やればすごいみたいな感じではないでしょうか??

私は、IT企業の社長さんにはこんなイメージがあります。

しかし、「ロりポップ」で有名な

株式会社paperboy&coの社長 家入氏はこれとは一線を脱してる

こんな僕でも社長になれた

こんな僕でも社長になれた

  • 作者: 家入 一真
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本



私が想像するIT企業の社長さんとは異なり、

ひきこもりであり、

大学も一生懸命勉強するが2浪人しても合格できない

やらやら何をやっても駄目な人

どちらかと言えば、というよりも

かなりのイケてないグループに属する人です


そんな彼の社長になるまでのお話だから面白くないはずがない!!

ほかのIT企業の社長の自慢話とは異なり、どちらかと言えば

イケてないグループに属する僕としても大いに共感でき

読み終えるときにはある種の感動が得られました。


自分に自信がないけど、IT企業を作りたいなんて

野心をお持ちの方(私のような方)にお勧めです。



posted by ヒラパッパ at 05:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IT起業家への道

時代の寵児といわれているIT起業の社長!!

しかし、実際IT起業の社長ってどんなことしているの?

どうやってなったの?

ってのが、気になりませんか?


ドロップシッピングを手掛ける

株式会社もしもの社長・実藤裕史さんの

半生を描いたもがこの本


もしも落ちこぼれが社長になったら…

もしも落ちこぼれが社長になったら…

  • 作者: 実藤 裕史
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/05/16
  • メディア: 単行本



最初に断っておくのが実藤さんは、

本題のよう「落ちこぼれ」ではなく、かなりキレ者でした。

そして熱い男でした。

今の会社もしもになるまでに大まかに

・オイシックスという会社で元マッキンゼー出身の社長に鍛えられ

・中古のブランド品を売るネットショップを立ち上げ成功に導き

・そのネットショップを大人の事情(?)で辞め

・一からアフェリエイトで稼ぎ起業し

・現在のドロップシッピングの会社「もしも」に社名変更する


この中の苦悩や考え方などを学ぶことができる本だと思います。

今から、ITで起業する人にはぜひ読んで参考にすべきところが

たくさんあると思います。




posted by ヒラパッパ at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金の意味

お金に関する本は、本屋に行けばたくさん出ています。

株・FX・サイドビジネス・運用などなど!!

どれも今の状況よりもお金が手に入る方法ばかり

そんな中、一際異彩を放つのがこの本
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 理論社
  • 発売日: 2008/12/11
  • メディア: 単行本




これは、他にあるお金持ちになる方法なんかと異なり

実際にお金がない貧乏な生活ではどのようになるのか!!

お金がないことの悲惨さを、著者の実体験を書いています。

この本を読むと現在の自分は、ほんとに幸せであることを

痛感させられます。

金持ちになる本もいいけど、一度逆の立場の本も読んでみるもの

いいと思います。
posted by ヒラパッパ at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コールドリーディングをうまく使うと

コールドリーディング!!

よく聞きませんか?

コールド(cold)
この場合は、「何の準備もなしに、その場で」

リーディング(reading)
この場合は、「読み取る」

言うらしい。

要するに、コールドリーディングとは、
「何の準備もなしに、相手の過去・現在・未来を読み取るトリック」
だそうです。

よく占い師が
あなたは、何かの悩みがありますね??

なんて、誰にでも当てはまることを言って、



これを日常的に使うことにより、仕事、人間関係、恋愛なんかに
応用していけるなんて

どちらかといえば、

人間関係を円滑にするテクニックのような扱いを受けています。



しかし、この技術を悪人が駆使したらどうなるのか??

と物語が
あるニセ占い師の告白 ~偉い奴ほど使っている!人を動かす究極の話術&心理術「ブラック・コールドリーディング」 (FOREST MINI BOOK)

あるニセ占い師の告白 ~偉い奴ほど使っている!人を動かす究極の話術&心理術「ブラック・コールドリーディング」 (FOREST MINI BOOK)

  • 作者: ジョン・W・カルヴァー
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2009/05/20
  • メディア: 新書



今までに、コールドリーディングについての本を

何冊か読んだことはあるけれど

結局のところどうやって使いこなせばいいのかが想像できなかった。


しかし、この物語はすごい!!

なるほど、こうすれば、相手がコロっと騙されるのか!!

とか、こうやったら、こっちのトリコになるのか。

とか、こうやったら相手が満足してくれるのか。

とにかく、まあ、悪人はこの技術を使いこなすこと・・・


まあ、なんにしろ、ちょっと引き気味ではんだけれど、

コールドリーディングのすごさを知る上でよい本だと思います。
posted by ヒラパッパ at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホリエモンは今??

学生の時に起業し

プロ野球球団を買収をたくらみ

テレビ放送まで傘下にいれようと画策し

選挙まで立候補し

世間にIT界の風雲児と言われてもてはやされていた


矢先に

逮捕されるという人



ホリエモンこと元ライブドアの社長・堀江貴文氏

彼は、出所してからどんなことを考えてるのか?
結局、真相はどうだったのか?

というのを彼自身がつづったのが
この本
徹底抗戦

徹底抗戦

  • 作者: 堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/03/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




結局、彼がテレビ放送を買収したかった本当の目的は!!

なんと

ライブドアのURLをテレビ放送に貼りたかっただけ

だそうです。

ライブドア事件の真相も彼の立場から書いてあります。
ただし、あくまで彼の立場からのみ書かれているので、

ほんとの真相は!!

と言われれば

????

てな感じでした。


確かに、彼が言うように

罪に対する罰が大き過ぎるのでは???

とも感じました。

とにかく、目立ちすぎたゆえに叩かれたのか!!

てのが私の見解です。



posted by ヒラパッパ at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。