ホリエモンの自伝?

配役こそ違うが「これはホリエモンの自伝か?」
っと思えるようなストーリー展開。

怪しいそうな金持ちのメンターが、いわば負け組いや勝負すらしていないゲーセンで時間をつぶすだけのフリーター青年にIT企業を起こさせる。
その青年はIT企業で成功し時代の寵児ともてはやされながら、球団買収を試みたり、テレビ局を買収してみたり、インサイダー取引で捕まってみたり・・・

これは・・・・
嘘かほんとかわからないがライブドア事件の裏側が分かってしまう!?




しかし、お金があれば女がついてくるって言うのはそういうことなのか・・・・
この部分が妙に納得した私であった。

この部分はだけは実話であってほしい!!

私も金持ちになるぞーっと思わせられた一冊です。



拝金

拝金

  • 作者: 堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2010/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




毎日、家でくすぶっているかたは、これを読んで決起してほしい。
そんな内容でした。
posted by ヒラパッパ at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。