ダメ城主の人望(のぼうの城)


のぼうの城

のぼうの城

  • 作者: 和田 竜
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/11/28
  • メディア: 単行本




この本は、王様のブランチで、かなり熱烈に宣伝していたので

本屋で手に取ったのが、読むきっかけです。

全国制覇をした豊臣秀吉勢が唯一落とすことが出来なかった

忍城の城主の物語です。


この城主の、村人からの「でくのぼう」を略して「のぼう様」と

呼ばれ親しまれていた成田長親が主人公。


この城主(のぼう様)は、村人からこのようなあだ名で

呼ばれているくらいので、

戦国の城主と行った統率力ましてや武芸なんかあるわけでもなく

ふだんから、ぼーっとしており、

これといった特技があるわけでもない。

唯一の特技(?)といえるのは、

村人と仲良くする(馬鹿にされる)程度。

こんな城に、後一歩で、全国制覇を成就する豊臣勢が

大編隊を組んで攻めてきた!!

降参して、すぐにその配下になると思いきや、

のぼう様はなんと、果敢にも戦いを挑む!!!

さあ、この城主ののぼう様は、

いかにして、村人や城を守りきったのか?


私は、この本を電車の中で読んでいたのだが、

涙が止まらない。

ほんとに感動させられる本でした。

そんな本でした。



posted by ヒラパッパ at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

和田竜『のぼうの城』
Excerpt: 応援クリックお願いします! 戦国エンターテイメント! 和田竜『のぼうの城』 時は乱世。 豊臣秀吉が全国制覇を果たそうと関東へ攻勢をかけた。秀吉の片腕である石田三成は忍城の陥落を任される..
Weblog: 初心者のための読書ガイド
Tracked: 2010-01-25 21:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。